明治学院大学体育会スキー部は競技としてのスキーをメインに練習や大会に出場しているチームです。現在は、アルペン種目を主体としたチーム構成となっていますが、他にもノルディック種目、ジャンプ種目、コンバインド種目があります。春からの新入生はもちろん、2年生,3年生からの入部希望もお待ちしてます!

アルペン競技

アルペン競技は、レース専用のコースに赤・青の旗門(ポール)を立て、その間をすり抜けて2本の合計タイムで順位を競います。
急斜面や緩斜面など、変化の多いコースで競技を行うため、選手には強い筋力と敏捷性のほか、勇気や判断力も求められます。また、選手は安全のためにヘルメットの着用が義務付けられており、空気抵抗の少ないレーシングスーツに身を包んだその姿は、アルペンレーサーだけに許された勇姿なのです。

img_6586img_6587

クロスカントリー競技

クロスカントリースキーは、大自然のアップダウンを相手に自分のありったけの熱い思いをぶつける競技です。
この競技は非常に奥が深く、大きく分けてフリー走法とクラシカル走法の2種目があり、さらに距離の長さによっても種目が多くあります。 体力が必要なことは誰にでも分かることですが、それだけでは勝てないのです。体力に自信のない人がテクニック・作戦・ワックス選択などの技術を駆使し、体力のある人に勝つことも出来るのです。クロスカントリーはまさに誰にでもチャンスがあり、初心者にもお勧めです。我がスキー部は大学からはじめた人間がほとんどです。

スキージャンプ競技

スキージャンプと聞けば、日本人なら誰もが長野オリンピックを思い浮かべるはずです。しかし、経験したことがない人がいきなりあんな大きなジャンプ台を飛ぶわけではありません。最初はちいさなではK50mほどの坂を滑ることから始め、徐々に慣らしていきます。そうして試合ジャンプ台を使用します。飛んでいる時間は約2~3秒間です。ですが、一度飛んでしまったら、あの自由な自分だけの空間は、一生体に染みつくでしょう。こちらもヘルメットとジャンプスーツに身を包み、ジャンパーだけの大きな板を装着し、大空に羽ばたくのです。